犬血尿
医師や専門家が深く詳しく解説します
犬血尿
医師や専門家が深く詳しく解説します

ヘモグロビン とは?ヘモグロビンが尿にでる理由は

公開日
更新日

まとめ

 
ヘモグロビン尿はヘモグロビンが尿中に存在する状態です。赤血球内にあるべきヘモグロビンが尿中に排泄されるには赤血球が壊れてヘモグロビンが外に出ることが前提です。
 
つまり、赤血球の破壊(溶血)がヘモグロビン尿の原因です。溶血が起きるとヘモグロビン尿だけでなく、貧血になる可能性が非常に高いので、注意が必要です。溶血の原因の治療がヘモグロビン尿の根本治療となります。これらの原因を明らかにすることは獣医師でないとできませんので、がいつもと違う色の尿をしたら、直ちに病院へ行きましょう。
 
 
<執筆者プロフィール>
碧井 香 (あおい こう)
獣医師・獣医学博士。
現在はフリーライターなど多岐に活動。
麻布大学獣医学部卒業 獣医師免許取得、某アニマルクリニックに勤務しながら、同大学院にて獣医学博士号取得、独立行政法人某研究所勤務、アメリカの研究機関勤務を経て今に至る。

<つづきを読む>

2 / 2 ページ

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。