犬血尿
医師や専門家が深く詳しく解説します
犬血尿
医師や専門家が深く詳しく解説します

ヘモグロビン とは?ヘモグロビンが尿にでる理由は

公開日
更新日

 
執筆:碧井 香 (獣医師・獣医学博士)
 
 
尿の色がいつもと違ったら、驚いてしまいますね。
特に赤い場合にはどこからか出血しているのではないか、怖い病気にかかっているのではないかと心配になってしまいます。
赤と言っても、褐色だったり、オレンジ色だったり、濃い黄色だったり、赤ワインのような色、コーラや醤油のような色など様々です。
 
尿の色が赤くなるには、3つの状態が考えられます。
1つは尿中に血液が混じっている血尿
2つ目は尿中に ヘモグロビン が存在するヘモグロビン尿、
3つ目は尿中にビリルビンが存在するビリルビン尿です。
今回は2番目のヘモグロビン尿に着目したいと思います。
 
そもそも、 ヘモグロビン とはどんなものなのでしょうか?
そして、どうして ヘモグロビン が尿中に存在するのでしょうか?
そこにどんな病気が隠れているのか一緒に見ていきましょう。
 
 

ヘモグロビン とは? 人と犬には違いがあるのか

 
ヘモグロビンとは赤血球の中にある赤い色素タンパクのことです。血液が赤く見えるのは赤血球が赤いからで、赤血球が赤いのはヘモグロビンが赤いからです。
 
ヘモグロビンはヘモという色素とグロビンというたんぱく質で構成されます。
ヘモグロビンの主な働きは酸素の運搬です。酸素濃度が高い場所()で酸素と結合し、酸素濃度が低い場所(各々の臓器)で酸素を放出して、各臓器に酸素を運搬します。
 
ヘモグロビンのようなタンパク質はアミノ酸から出来ています。多くのアミノ酸が結合してたんぱく質を構成します。人を含めた脊椎動物のヘモグロビンは約150個のアミノ酸から出来ています。
ヘモグロビンの構造は、動物種あるいは個体レベルで、もとになるアミノ酸の種類や数に多少の違いがみられます。しかし、ヘモグロビンの構造はほとんど同じです。
ですから、広義的には人とのヘモグロビンに違いはないと考えていいでしょう。
しかし、ヘモグロビンの検査を行う場合には、その小さな構造の違いにより他の動物と区別して犬のヘモグロビンのみを検出し診断に用います。
そういった狭義の意味では人と犬のヘモグロビンに違いがあります。

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。