犬血尿

医師や専門家が深く詳しく解説します

犬血尿

医師や専門家が深く詳しく解説します

犬が血尿 !? 原因と治療方法は?普段の生活で何に気を付けたら良いの?

公開日
更新日

 
執筆:碧井 香 (獣医師・獣医学博士)
 
 
血尿をして驚いた事はありませんか? 最近では家の中で犬を飼う人も増えてきました。マーキングを兼ねていて、散歩に行かないと排尿をしない犬が昔は多くいましたが、家の中の決まった場所で トイレが出来る犬も多いでしょう。 トイレの最中、犬の尿が赤かったらびっくりしてしまいますね。この記事では、 犬が血尿 をした時に知っておくべきポイントついて説明していきます。
※なお、その他の犬に起こりやすい症状である血便、嘔吐、下痢については以下の記事も併せてご覧ください。
「犬が血便!? 原因、治療法」
「犬が下痢!? その時の対処法は?」
「犬が吐く時に知っておくべきこと」
 
 

犬が血尿 !緊急の対応法とは?

基本的に、犬が血尿をした場合は、速やかに病院へ行く方が安全です。我々が血尿だと思う原因は尿が赤いからです。赤い尿は血尿の他に、ヘモグロビン尿、ビリルビン尿などがあります。尿道口(尿の出口)よりも上部に疾患が存在する場合、その原因を探るためには病院での検査が必須だからです。
 
尿道口の近くに傷があり出血している場合、その血液と尿が混じって赤くなります。まずは、外部からの出血がないか確認してください。出血が見つかった場合にはその部分を清潔に保ち、止血のため出血部分を圧迫し、そのまま病院へ向かってください。
 
出血が少なく大した傷ではないと思えば消毒して止血して様子を見てもいいでしょう。出血部位が尿道口や肛門に近い場合、清潔に保つのが難しいことがあり、化膿してしまう場合があります。病院で正しく対処してもらった方が安心でしょう。
 
 

血尿の原因は?

排尿するところを観察できるなら、排尿のどの段階で 赤い色が混じるのかが分かると出血部位の推測が出来ます。排尿の始まりだけ赤い場合、あるいは赤みの程度が途中で変わる場合は尿道、生殖器からの出血を疑います。排尿の最初から最後までずっと赤い場合は臓、排尿の最後だけ赤い場合は膀胱から出血を疑います。
感染症、炎症、結石、腫瘍などが原因として考えられます。
 
 

ヘモグロビン尿の原因は?

ヘモグロビンは赤血球の中にあり、赤血球が壊れると外へ出てきます。そのヘモグロビンが尿中に存在するのがヘモグロビン尿ですが、尿が酸性の時は褐色、アルカリ性の時は赤色に見えます。
 
ヘモグロビンとは、色素であるヘモとタンパク質であるグロビンで構成された赤色の色素タンパク質で、赤血球の中にあり酸素を各臓器に運ぶ役割を果たします。脊椎動物のヘモグロビンは150のアミノ酸から出来ています。
 
尿中で赤血球が壊れてヘモグロビンが外に出た状態のものと、もともと血管内で赤血球が壊れて出てきたヘモグロビンが腎臓を経て尿中に排泄される状態のものがあります。前者の場合、原因は血尿と同じです。後者の場合には赤血球が壊れる(溶血)病気が原因となります。それにはタマネギ中毒、犬糸状虫症、免疫性溶血性貧血などがあります。
※なおヘモグロビンとヘモグロビンが尿にでる理由について詳しくは「ヘモグロビン とは?ヘモグロビンが尿にでる理由は」をご覧ください。
 
 

ビリルビン尿の原因は?

ビリルビンが尿中に存在する尿です。濃い黄色やオレンジ色に見えます。古くなった赤血球は肝臓で処理され、その時に赤血球内のヘモグロビンが放出されます。そのヘモグロビンが分解されるとビリルビンになり、多くは胆汁中に排出されます。ビリルビン尿の原因は血液中のビリルビン量が多く尿中に排泄される生理的なものと、肝臓の病気で胆汁が溜まってしまいビリルビン尿になる病的なものがあります。
 
 

血尿の原因別治療法

血尿の原因が尿結石の場合の治療法

腎臓、尿管、膀胱、尿道において石状の塊が形成される病態です。尿路感染を併発することがあります。レントゲンやエコー、尿検査などで診断します。
治療は結石を溶かします。大きい場合には外科的に摘出 することもあります。再発防止のための食餌療法も行われます。
 
 

血尿の原因が下部尿路感染症の場合の治療法

下部尿路(膀胱、尿路)における細菌感染です。雌のほうが罹患率が高く、放っておくとより上部(尿管、腎臓)へ細菌感染が広がってしまいます。膀胱炎、尿道炎では排尿時の痛みがあり、陰部をなめる行為が見られます。人間と同じで頻尿(出なくても尿意をもよおす)になります。尿検査で診断します。治療は抗生物質の投与を長めに続けます。
 
 

血尿の原因が膀胱の腫瘍の場合

膀胱の腫瘍は悪性であることが多いです。 雌犬の方が罹患率が高く、遺伝性が考えられる犬種(シェットランド・シープドッグ)も存在します。レントゲン、エコー、尿検査などにより診断します。
 
治療は腫瘍を外科的に切除します。進行してしまって膀胱自体を摘出しなければならないときには尿管を消化管へつなぐ尿路変更術を行うこともあります。症状の緩和を目的として化学療法を用いることもあります。
また、血尿は腎臓、尿管、尿道、前立腺、膣に発生した腫瘍が原因で起きることもあります。
 
 

血尿の原因が前立腺炎の場合の治療法

前立腺が炎症を起こす病気です。細菌感染が原因のことが多いので、尿検査で診断します。痛がらない場合には前立腺液を採取して検査します。
細菌感染に対しては抗生物質の投与が行われますが、去勢手術を行うことが再発防止につながります。
 
 

血尿の原因が血小板と凝固系の疾患の場合の治療法

血小板減少症(出血が止まりにくくなるため)、血小板増加症(溶血性貧血の続発的に発生)、血友病(先天性の出血性疾患)フォン・ウイルブランド病(遺伝性出血性疾患)、播種性血管内凝固(微小血栓が生じる病態で血が止まりにくくなる)、ワルファリン中毒(凝固因子の阻害で各部位から出血する)などの疾患の症状の一つとして赤い尿が見られることがあります。治療は各々の病気に対して行われます。
 
 

血尿の原因が急性のフィラリア症の場合の治療法

動脈に寄生している犬糸状虫が心臓内に侵入することによって症状が悪化します。治療はつり出し鉗子などで心臓から虫体を摘出します。
 
 

血尿の原因がタマネギ中毒(ハインツ小体性貧血)

タマネギやねぎ、ニンニクに含まれる物質が赤血球に障害を与えハインツ小体と いう物質が形成されます。ハインツ小体を持つ赤血球は壊れやすく、その結果ヘモグロビン尿を呈します。治療は原因物質を食べさせるのを中止することです。これには個体差があり、少し食べさせてみたら、症状が出なかったから、うちの犬は大丈夫と思って、与え続けると突然発症したりしますので、一切与えないで下さい。
 
 

血尿の原因が免疫介在性溶血性貧血の場合の治療法

溶血とは、赤血球が壊れることをいいます。これは何らかの原因で自分自身の赤血球に対する抗体が作られ、自らの赤血球を破壊し、貧血状態になってしまう病気です。マルチーズ、シーズー、プードルなどで罹患率が高いようです。また雌犬の方が発生率が高いという報告もあります。診断には血液検査や免疫学的な検査を行います。治療は免疫抑制療法です。
 
 

血尿の原因がバベシア症の場合の治療法

バベシア原虫が赤血球に寄生することで溶血性貧血を起こします。マダニによって媒介されます。血液検査で原虫を確認し診断します。治療はバベシアに感受性のある駆虫薬を投与します。なお犬につくダニについて詳しくは「犬のダニにどう対処する?」をご覧ください。
 
 

血尿の原因が肝臓や胆のう・胆管の疾患の場合の治療法

急性肝不全、慢性肝炎、肝硬変、肝線維症などの肝臓の疾患や胆のう炎、胆石症、総胆管閉塞症などの胆のう・胆管の疾患により、ビリルビンが尿中に排泄されることにより起こります。治療は各々の病態に合わせて行います。
 
 

普段の生活での血尿についての留意点

日ごろから犬の尿の色の観察をすることが大切です。また、異常な尿(血尿のみならず、ヘモグロビン尿やビリルビン尿など)は赤いだけでなく褐色、濃い黄色、オレンジ色などの場合もあります。
けれど、水分量が足りないときには尿が濃縮され濃い黄色になることがありますので、充分に水分を与えるように心がけましょう。
雌犬では発情期に尿に血液が混じっていても一過性なので様子をみて大丈夫です。
 
フィラリア 予防もきちんと行いましょう。
また、タマネギ中毒は防げます。タマネギの入ったスープの汁だけでも危ないということを覚えておいてください。中毒成分が溶け出して少量で発症してしまう場合もあります。
尿結石に関しては、食餌の内容を気を付ける事である程度予防できますが、結石の 種類により注意点 が異なります。再発防止には結石の種類によって獣医師の指示に従いましょう。
 
 

まとめ

 
ここまで説明してきた内容のポイントを以下に記載しましたのでご参考にして頂ければ幸いです。
・犬が血尿をした場合は、様々な疾患が原因となる可能性があるため、出来るだけ早く受診し検査を受ける方が良い。
・犬の血尿の原因としては、感染症、炎症、結石、腫瘍などが原因として考えられる。
・ヘモグロビン尿は、赤血球が壊れる病気が原因の場合があり、タマネギ中毒、犬糸上虫症、免疫性溶血性貧血などが考えられる。
・ビリルビン尿の原因としては、生理的なものと、肝臓の病気によるものが考えられる。
・血尿の治療法は原因によって異なるので、病院での検査、原因の特定が重要。
・日頃から犬の尿の色を観察し異常がないか注意する事が重要。
 
<執筆者プロフィール>
碧井 香 (あおい こう)
獣医師・獣医学博士。
現在はフリーライターなど多岐に活動。
麻布大学獣医学部卒業 獣医師免許取得、某アニマルクリニックに勤務しながら、同大学院にて獣医学博士号取得、独立行政法人某研究所勤務、アメリカの研究機関勤務を経て今に至る。
 
 

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。