犬血尿

医師や専門家が深く詳しく解説します

犬血尿

医師や専門家が深く詳しく解説します

犬が血尿 !? 原因と治療方法は?普段の生活で何に気を付けたら良いの?

公開日
更新日

 
執筆:碧井 香 (獣医師・獣医学博士)
 
 
血尿をして驚いた事はありませんか? 最近では家の中で犬を飼う人も増えてきました。マーキングを兼ねていて、散歩に行かないと排尿をしない犬が昔は多くいましたが、家の中の決まった場所で トイレが出来る犬も多いでしょう。 トイレの最中、犬の尿が赤かったらびっくりしてしまいますね。この記事では、 犬が血尿 をした時に知っておくべきポイントついて説明していきます。
 
 

犬が血尿 !緊急の対応法とは?

基本的に、犬が血尿をした場合は、速やかに病院へ行く方が安全です。我々が血尿だと思う原因は尿が赤いからです。赤い尿は血尿の他に、ヘモグロビン尿、ビリルビン尿などがあります。尿道(尿の出口)よりも上部に疾患が存在する場合、その原因を探るためには病院での検査が必須だからです。
 
尿道口の近くに傷があり出血している場合、その血液と尿が混じって赤くなります。まずは、外部からの出血がないか確認してください。出血が見つかった場合にはその部分を清潔に保ち、止血のため出血部分を圧迫し、そのまま病院へ向かってください。
 
出血が少なく大した傷ではないと思えば消毒して止血して様子を見てもいいでしょう。出血部位が尿道口や肛門に近い場合、清潔に保つのが難しいことがあり、化膿してしまう場合があります。病院で正しく対処してもらった方が安心でしょう。

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。